不動産投資のリスクと対処法:はじめに
 不動産投資は、多額のローンを長期間かかって返すという投資(のサラリーマンの場合)ですので、簡単には撤退できないことがリスクと言えます。また、空室リスク、家賃下落リスク、価値下落リスク、流動性リスク、金利上昇リスクなど考慮しておくポイントがいくつかあります。ただ、これらのポイントの多くは事前に回避できることでもあります。不動産投資の側面をよく理解することが不安点を解消し、安心して運営するためのポイントです。

不動産のリスクと対処方法

不動産のリスクとして挙げられるのが以下のポイント。
 - 空室リスク(借りる人が見つからない場合)
 - 家賃下落リスク(需要が低くなり、家賃を下げざるを得ない場合)
 - 価値下落リスク(老朽化、地震、火災・・・)
 - 流動性リスク(売却したいのにできない場合)
 - 金利上昇リスク(ローンの利率が上昇した場合)


 不動産のリスクは、いくつかありますが、事前に対処法を抑えておくことでリスクを事前に減少させることができます。また、不動産投資は大抵は多額のローンを長期間組むことになるため、ちゃんとローンを返して運営していけるのかと言う心理的な不安もあります。
 不動産投資を正しく理解すれば、『よくわからないけど不安』→『課題の発見』→『いざというときの対処法を準備』と言うふうに自然と対処法を講じることができるのです。
---
 - 空室リスクと対処法
 - 家賃下落リスクと対処法
 - 価値下落リスクと対処法
 - 流動性リスクと対処法
 - 金利上昇リスクと対処法