所得税・住民税シミュレーション:はじめに
所得税・住民税シミュレーションでは、給与所得からどの程度の所得税・住民税を支払っているかを概算で算出できます。

所得税・住民税シミュレーション

給料から所得税・住民税をシミュレーションするツールです。収入のうちどの位が税金になっているかがわかります。

年収(給与収入)* (A)
現在の年齢*
家族構成*

 

妻(いる場合は1)

子供(人数)

給与所得控除額(必要経費に相当) (B)
給与所得金額 (C)
納税額 (H)+(I) (J)

内訳

 



所得控除額 (D)
課税される所得金額 (F)
所得税(納税額) (H)


住民税控除額 (E)
課税される所得金額 (G)
住民税(納税額) (I)

シミュレーションの前提

税金の支払いは、個人によって様々です。上記シミュレーションは、以下の前提で試算しています。

 - 生命保険料控除は除外
 生命保険料、個人年金保険料に加入している場合はそれぞれ最大5万円の控除が受けられます。

 - 損害保険料控除は除外
 損害保険料は、長期1.5万円、短期3千円の控除が受けられます。

 - 社会保険料の算出基準
 社会保険料には、雇用保険・介護保険・健康保険・厚生年金保険等があります。本ツールでは、以下の数値を前提にしています。
 ・雇用保険:8/1000
 ・健康保険:41/1000
 ・介護保険:6.15/1000(満40歳〜64歳までが対象)
 ・厚生年金保険:73.21/1000 

 - 給与所得以外の収入は除外
 - その他所得控除は除外
 小規模企業共済等掛金控除 / 勤労学生控除 / 雑損控除 / 医療費控除 / 寄付金控除・・